バロックの迷宮レッチェ 街あるき(半日コース)

バロックの迷宮レッチェ 街あるき(半日コース)

 

人口わずか10万人ほどのこの街は、別名“南イタリアのフィレンツェ”とも呼ばれ、その豪華絢爛なバロック建築の歴史ある街並みは、しばしば“街全体で一つの芸術作品”といわれ、世界中から訪れる多くの観光客を魅了しています。
地元特産の石灰石レッチェストーンで築かれた美しい旧市街は乳白色の優しい輝きに包まれ、細く曲がりくねった石畳の道が建物のあいだを迷路のように張りめぐらされているさまは、まさに“バロックの迷宮”の異名にふさわしく、その圧倒的な街の調和した雰囲気こそがレッチェの“美”そのものといえるでしょう。
レッチェの街についてさらにくわしいお話は、こちらもあわせてご覧ください♪
当ツアーでは、南イタリアの歴史に造詣の深い日本語ガイドが徒歩でレッチェ旧市街をご案内いたします。旧市街には歴史的モニュメントや建物が数多くありますが、なかでもとくに代表的な史跡が集中する三大エリアを訪れ、それぞれにまつわる興味深いトリビアやエピソードそして歴史を楽しく分かりやすくご紹介いたします♪
オール日本語でご案内する当ツアーは分かりやすくてとっても安心!サレントの文化と歴史を知る基礎編としてぜひご参加をお待ちしています。
最少催行人数: 1名さまからOK!
このツアーは、1グループにつきガイド1名が同伴する完全プライベートツアーです。当協会にはいずれも経験豊富な日本語ガイドが揃っていますが人数に限りがありますので、ご希望の日付にガイドを確保できるよう、なるべくお早めに予約いただけますよう、よろしくお願いいたします。

バロックの迷宮、レッチェの芸術的な街並みを散策

日本語ガイドつき!


   当ツアーは、レッチェ歴史街区観光のポイントをしっかりと手早くおさえておきたい方にとくにオススメですが、イタリア史ファンにも十分噛み応え(?)のある内容で楽しくレッチェ市内の史跡をご案内いたします。

   サレント地方の文化・経済の中心にして最も人気の高い観光都市レッチェを訪れずして、プーリア州の魅力を語ることはできません。レッチェは現在すでにユネスコ世界文化遺産の暫定リスト入りしており、イタリアから選ばれる“次の世界遺産”の最有力候補として、本登録までは時間の問題であろうと期待されている、イタリア国内でも大注目の街なのです☆

   人口わずか10万人たらずのレッチェですが、別名 “南イタリアのフィレンツェ” と呼ばれ、その豪華絢爛なバロック建築の歴史ある街並みは、まるで街全体が一つの芸術作品であるかのように、世界中から訪れる多くの観光客を魅了しています。

   地元特産の石灰岩レッチェストーンで築かれた美しい旧市街は乳白色の優しい輝きに包まれ、細く曲がりくねった石畳の道が建物のあいだを迷路のように張りめぐらされているさまは、まさに“バロックの迷宮”の異名にふさわしく、その圧倒的な街の調和した雰囲気こそがレッチェの“美”そのものといえるでしょう。

  当ツアーでは、南イタリアの歴史に造詣の深い日本語ガイドが徒歩でレッチェ旧市街をご案内いたします。旧市街には歴史的モニュメントや建物が数多くありますが、なかでもとくに代表的な史跡が集中する三大エリアを訪れ、それぞれにまつわる興味深いトリビアやエピソードそして歴史を楽しく分かりやすくご紹介いたします。オール日本語でご案内する当ツアーは分かりやすくてとっても安心!レッチェの文化と歴史を知る基礎編としてぜひご参加をお待ちしています。

   最少催行人数: 1名さまから

このツアーは、1グループにつきガイド1名が同行するプライベートツアーです。当協会にはいずれも経験豊富な日本語ガイドが揃っていますが人数に限りがありますので、ご希望の日付にガイドを確保できるよう、なるべくお早めに予約いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

ツアースケジュール(例)

下記は通常のタイムスケジュールです。ご希望がありましたら、ツアー開始時刻変更のご相談にも応じさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい(コチラまで)。

 

9:00 レッチェ市内のホテルからご出発 

ご滞在先の各ホテルまで、専用車でお迎えにまいります(ご滞在先が旧市街にある場合は直接ご滞在先からウォーキングツアーを開始とさせて頂きます。あるいは大人数の場合は、スケジュールの都合上、FSレッチェ駅前または長距離バスターミナルでのピックアップとさせて頂く場合もございますのでご了承ください)。

もしお泊まりがレッチェ市内ではない場合でももちろん送迎可能ですので、あらかじめご相談ください(送迎距離によっては別途、送迎料金を頂く場合もございますのでご了承ください)。

午後や夕方あるいはライトアップされた夜間など、ご希望の時間帯に当ツアーを行うことが可能な日もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

9:30 バロック建築の至宝サンタクローチェ聖堂

かつて四方を城壁で囲まれていたレッチェの街に現在も残る三大城門のひとつ、ナポリ門からレッチェ旧市街へと入り、街歩きスタート。

ナポリ門からほど近いかつてのギリシャ人街の由緒ある建物をいくつか見学しながら歩きますと、ほどなくサンタクローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)へと至ります。

16世紀半ばから一世紀半もの歳月をかけて建てられたサンタクローチェ聖堂は、ルネッサンス後ここレッチェで華開いたバロック建築の最高傑作の一つに挙げられます。地元特産のレッチェストーンを建材としてふんだんに用いた、その優しく優雅な乳白色に輝く姿は、芸術の街レッチェを象徴する建築といえるでしょう。

正面ファサードの彫刻群は迫力満点、必見です。ファサードを所せましと飾る華やかで躍動感のある彫刻群と、繊細な彫刻のあしらわれた大きなローズ窓が見事に調和し、荘厳華麗さを演出しています。その圧倒的な視覚効果は、観る者すべてに畏怖と感動を抱かせることでしょう。

その外観の壮麗さは、サンタクローチェを唯一無二の傑作たらしめていると同時に、またそれらの彫刻一つひとつに歴史エピソードが秘められており、ガイドがくわしく丁寧にご紹介いたします。

サンタクローチェ聖堂の内部も特定日を除いて年中見学することができます(入場無料)。 

 

10:30 レッチェっ子たちの憩いの場、歴史息づくサントロンツォ広場&レッチェ城

つぎに、サンタクローチェ聖堂から2分ほど歩き、憩いの場としてレッチェ市民の集うサントロンツォ広場(Piazza Sant’Oronzo)へとご案内いたします。サントロンツォ広場は、古代ローマ時代の円形闘技場から中世ベネツィア商人の足跡まで二千年を超える歴史を一度に見られる“生ける歴史の宝庫”として観光客に人気が高いだけでなく、広場の界隈には多くのオシャレなお店やカフェそしてバーなども多くあり、そこで友人らとのおしゃべりに花を咲かせる地元市民たちにもサントロンツォ広場はたいへん愛されています。

サントロンツォ広場に集中する興味深い史跡を5つぐるっとご案内したあとは、ふたたび2分ほど歩き、次に中世イタリア式軍事要塞の典型といえるレッチェ城、通称“カルロ5世城”へとご案内いたします。

 

11:00 地元で人気のカフェバーに立寄りリフレッシュ♪

レッチェ城から見えるすぐそばに、レッチェっ子たちに評判のカフェバーがあります。ウォーキングツアーの中盤、こちらでひと休みしてはいかがでしょうか? このお店のジェラートは定番の味からオリジナルの味までとても人気が高く、その他にもコーヒーやソフトドリンク、豊富なカクテルに加えて、本格的なレッチェ伝統の焼きたてホワイトソース入りパイなどのおやつや軽食類も充実しています。 

お城を眼前にしたテラス席でくつろぐもよし、白を基調とした明るい店内で召し上がるもよし♪

 

11:30 レッチェの匠たち☆伝統工芸品の工房&ショップ 

カフェバーでリフレッシュしていただいた後、レッチェが誇るもうひとつの歴史=伝統手工芸の職人さんたちが日々腕をふるっている旧市街の工房へとご案内いたします。サレント地方を代表する三大伝統工芸といえば、

① 特産の石灰岩レッチェストーンを加工した大小さまざまな石細工

② これまた地産の赤土を焼いてカラフルないかにもラテン系な極彩色で色付けしたテラコッタ

③ 繊細かつ躍動感のある表現で姿勢の生活を再現した、紙と糊の人形カルタペスタ

が挙げられます。

各工房では運がよければ、職人さんたちの名人技を間近で見るチャンスがあるかも?!せっかくの機会ですので、日本語ガイドを介して気さくな職人さんたちに質問したり会話をお楽しみください♪

 

12:00 厳かな静寂と祈りの空間、ドゥオーモ広場

つづいてレッチェ旧市街のほぼ中心にある、ドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)へとご案内いたします。“ドゥオーモ”の名の通り、この広場にはレッチェの大聖堂が建っており、サンタクローチェ聖堂とは対照的に、宗教色を全面に押し出したファサードもまた必見です。

ドゥオーモ広場は、大聖堂をはじめとする宗教建物に四方をとり囲まれ、広大な中庭を形成しているという、一風変わったつくりをしています。そのせいもあってか、開放的なサントロンツォ広場とは空気がガラッと変わり、どこか神秘的で凛とした佇まいをみせています。

レッチェのドゥオーモ内部も、特定日を除いて年中見学することができます(入場無料)。

その他、レッチェから東へ約12kmのアドリア海岸までよく見渡すことができるという圧倒的な高さを誇る鐘楼(Campanile)や、中庭の井戸の美しさが有名な神学校(Seminario)も有名です。

 

12:30 ご宿泊先までお見送り

内容盛りだくさんのレッチェ街あるき、日本語ガイドとの楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます^^ ツアーはレッチェ三大城門のもうひとつ、サン・ビアージョ門から旧市街を出たところで終了いたします。

最後に、ご宿泊先のホテルまで専用車でお送りいたしますが、事前にご希望を頂ければ、それ以外の場所までお送りすることも可能ですので、お気軽にご相談ください(ただし、レッチェ市中心部からの距離によっては別途、送迎料金を頂く場合もございますのでご了承ください)。旧市街内の宿泊施設にお泊まりの方は、徒歩にてお送りいたします。

 

参加料金 & 条件

  • 最少催行人数: 1名さまから
  • 参加料金(1グループにつき): 85ユーロ  1グループ1〜4名様まで同料金です。
  • お子さま(0〜5才)= 無料
  • お子さま(6〜12才)= 大人料金の半額
  • 料金に含まれるもの:
- ご宿泊先のホテルまたはご指定場所からレッチェ旧市街へのご送迎(15km圏内)
-

日本語ガイド兼通訳

  • 当ツアー中に有料施設への入場またはアトラクション等の利用を希望される場合は、

  それらの入場料は当ツアー料金に含まれておりませんので、ご了承ください。

  • ご予約金 : ツアー参加料金の20%
  • ご予約の変更・キャンセルについては、こちらをご覧ください
  • 半日コース以外にも、全日コースやナイトツアーもございますので、こちらもあわせてご覧ください

 

〜 ご利用のながれ 〜

  • ご希望の利用日時や人数、お迎え場所とお送り場所、ご連絡先となるメールアドレスなど、詳細をお知らせください。お申し込みいただく内容を確認したのち、ご予約確認書兼インボイス(ご請求書)をメールでお送りします。
  • お送りするご予約確認書兼インボイスの内容をご確認いただき、OKならば、その旨をメールでご連絡ください。
  • メールで予約確認書をお送りしますので、再度ご予約内容をご確認ください。
  • ご予約を確定させるために、ご予約金として、ツアー料金の一部(20%)を事前に頂戴します(お支払方法はPayPal.comを通じて)。ご入金が完了した時点で、ご予約確定となります。
  • ツアー料金の残りのお支払いは、ツアー当日に直接ガイドに直接現金でお支払いいただくか、あらかじめPayPalを通じてお支払いください。
  • 22
  • 22
  • 22