バロックの迷宮レッチェ 街あるき(半日コース)

バロックの迷宮レッチェ 街あるき(半日コース)

“南のフィレンツェ”とよばれる文化の薫り高きレッチェ旧市街は、ルネッサンス芸術を昇華させたバロック建築の歴史的建造物がひしめきあう、バロックの迷宮です。

サレントの都レッチェの著名な史跡など、代表的な観光ポイントをまずおさえておきたい場合にオススメです。古代ギリシャやローマ帝国そして中世ナポリ王国時代の貴族文化など、イタリア史ファンにも噛みごたえ十分の豊富なエピソードとともに、レッチェの名跡をご案内いたします。

半日ツアー : ギュッといいトコどり!日本語ガイドとめぐるレッチェ街歩きツアー☆
「バロックの迷宮、レッチェの芸術的街並みをゆく!」 
当ツアーは、レッチェ歴史街区観光のポイントをしっかりと手早くおさえておきたい方にとくにオススメですが、歴史ファンにも十分噛み応え(?)のある内容で楽しくレッチェ市内の史跡をご案内いたします。
サレント地方の文化・経済の中心にして最も人気の高い観光都市レッチェを訪れずして、プーリア州の魅力を語ることはできません。レッチェは現在すでにユネスコ世界文化遺産の暫定リスト入りしており、イタリアから選ばれる“次の世界遺産”の最有力候補として、本登録までは時間の問題であろうと期待されている、イタリア国内でも大注目の街なのです☆
人口わずか10万人ほどのこの街は、別名“南イタリアのフィレンツェ”とも呼ばれ、その豪華絢爛なバロック建築の歴史ある街並みは、しばしば“街全体で一つの芸術作品”といわれ、世界中から訪れる多くの観光客を魅了しています。
地元特産の石灰石レッチェストーンで築かれた美しい旧市街は乳白色の優しい輝きに包まれ、細く曲がりくねった石畳の道が建物のあいだを迷路のように張りめぐらされているさまは、まさに“バロックの迷宮”の異名にふさわしく、その圧倒的な街の調和した雰囲気こそがレッチェの“美”そのものといえるでしょう。
レッチェの街についてさらにくわしいお話は、こちらもあわせてご覧ください♪
当ツアーでは、南イタリアの歴史に造詣の深い日本語ガイドが徒歩でレッチェ旧市街をご案内いたします。旧市街には歴史的モニュメントや建物が数多くありますが、なかでもとくに代表的な史跡が集中する三大エリアを訪れ、それぞれにまつわる興味深いトリビアやエピソードそして歴史を楽しく分かりやすくご紹介いたします♪
オール日本語でご案内する当ツアーは分かりやすくてとっても安心!サレントの文化と歴史を知る基礎編としてぜひご参加をお待ちしています。
最少催行人数: 1名さまからOK!
このツアーは、1グループにつきガイド1名が同伴する完全プライベートツアーです。当協会にはいずれも経験豊富な日本語ガイドが揃っていますが人数に限りがありますので、ご希望の日付にガイドを確保できるよう、なるべくお早めに予約いただけますよう、よろしくお願いい当ツアーは、レッチェ歴史街区観光のポイントをしっかりと手早くおさえておきたい方にとくにオススメですが、歴史ファンにも十分噛み応え(?)のある内容で楽しくレッチェ市内の史跡をご案内いたします。
白亜の町オストゥーニ 街あるき(全日コース)

白亜の町オストゥーニ 街あるき(全日コース)

イタリアでは “白亜の町” として広く知られ、海外からも多くの観光客が訪れるサレント半島北部の人気観光地、オストゥーニ(Ostuni)をご案内いたします。

オストゥーニの旧市街は、アラブ様式や地中海世界の建築の影響を受け、独特の中世城塞都市の姿をそのままにとどめています。旧市街内すべての建物に使われている漆喰の白壁が美しく輝き、細い石畳の小径が幾重そして幾層にも入り組んでおり、異空間へと旅人を誘います。

ひと際高い山上にたつオストゥーニの町からの見晴らしは絶景。眼下にはオリーブの樹海さらにそのむこうには、鮮やかな青色がまぶしいアドリア海が広がります。 外側から見上げたオストゥーニの町の姿も、息をのむ美しさ。真っ白な城壁に囲まれたその外観は、まるで天空に浮かぶ城のようにもみえます。