Cari amici in Giappone! Come procedono le feste?
日本の皆さーん♪ サレントから2014年最後のチャオ☆

見てみてこの写真、スゴいでしょう!今朝起きて窓を開けてビックリ!冬でも比較的温暖なイタリアのかかと=サレント地方ではとーっても珍しい雪が積もっていたんです☆うっすら過ぎて「積もった」といっていいものかどうか(笑)雪国の人に笑われちゃいますね^^


2014.12.31 neve
我が家のイヌもネコも朝ごはんを食べるのも忘れて、白くなった庭で大はしゃぎ☆♪☆♪

2014.12.31 neve lilly   2014.12.31 neve jerry

そんな今日は大晦日☆みなさんは新年を迎える準備はいかがですか?
時代は変わり海外でお正月をという方も増えてきましたが、日本のお正月といえばやっぱりおせち料理ですよねぇ?!
お酒をチビチビ頂きながら甘くてツヤツヤの黒豆に甘辛い田作り、数の子に栗きんとんも…あ~想像しただけでヨダレが出てきちゃう!^^ 手作りの方も予約の方も羨ましぃ〜^^

さて今回は、こちら南伊プーリア州サレント地方の、南イタリアらしい新年の迎え方をちょっとご紹介します。

イタリア人にとって『人生=食』、もちろん大晦日も食事が一大イベントになります^^ 大晦日のディナーは、“cenone di Capodanno”あるいは“cenone di San Silvestro”と呼ばれています。
ご存じの方も多いかと思いますが、イタリアの暦では一年365日毎日に聖人の名がついており、大晦日は聖シルヴェストロの日、普通のディナー(cena)よりもっと大きくて豪華な大ごちそう(cenone )というわけです。

イタリアのかかとサレント地方で暮らす人々の多くは、気のおけない友人や家族とともに、自宅でホームパーティーを開いてチェノーネ・ディ・カポダンノを楽しみます。
レストランを予約して大晦日の特別なメニューのディナーを外食で楽しむ場合もあります。この日はどのレストランも大晦日用のコース料理のみを提供するのが一般的で、フルコースをお一人40ユーロくらいで楽しめます。こだわりの食材、ロケーション、生演奏のエンタテインメントなどの内容によって値段はもちろんピンキリですが、中にはお一人150〜200ユーロする贅沢なお料理とディナーショーを楽しめる人気店も☆

そこまでハシャがなくてもいいかなぁ…(苦笑)という方に私たちディスカバー・サレントがオススメしたいのは、プーリア州各地に今でもたくさん残っている数百年の歴史をもつ立派なお屋敷、田園荘園マッセリア(masseria)での年越しディナー。
2014.12.31 masseria la Cornulaここサレント半島にも数多く残るマッセリアの多くは、レストランやホテルなどに改装され、趣ある雰囲気のなか、野菜や魚介などとびきり新鮮な食材の良さを活かしたお料理を楽しめる場所として地元っ子も観光客も大人気なのです♪
数多くあるマッセリアのひとつと、大晦日ディナーのコースメニュー例

2014.12.31 masseria la Cornula menu

自宅でのホームパーティーもレストランでの豪華なコースディナーも、楽しい会話と長〜いディナーをゆっくり楽しんだ後は、いよいよカウントダウン☆ お祭り好きで騒ぐことが得意のサレントっ子たち(笑)日付が変わり新しい年を迎えた瞬間、通りの至るところで打ち上げ花火の鮮やかな閃光が夜空を照らし続け、爆竹の音と煙がド派手に冷たい空気を騒つかせます。

もちろんおめでたい新年のお祝いには、イタリアのスパークリングワイン、スプマンテ(spumante)も欠かせません☆ 気前よくポンポンとスプマンテのボトルが開けられます!^^

それから、これはサレント地方に限ったことではありませんが、大晦日の夜にはたくさんの町にある広場で、新年のカウントダウン野外コンサートが開かれるのがイタリアでは恒例となっています。
そんな新年カウントダウンコンサートの中でもとっておきの、イタリア全国で最大級のコンサートが毎年サレント地方で行われることで有名です♪ そのコンサートが開かれる町は……プーリア州を代表する風光明媚な港町オートラント(Otranto)!
オートラントのコンサートの詳しいご紹介はこちらからどうぞ)
オートラントは、古代ギリシャのトロイ戦争より前まで歴史を遡ることができるほどとても由緒ある町で、世界中からの観光客に人気の非常に美しい、アドリア海沿いの港町です。(詳しくはこちらもご覧ください)
なぜこの町のカウントダウンコンサートが有名か?といいますと、オートラントはイタリアの国土全体で最東端にある町。つまり初日の出をイタリアで誰よりも早く迎えることができる場所なんです!なんだか日本人のご来光を迎える心と似ていますよね?^^

毎年イタリア国内外の有名アーティストを迎えて盛り上がるオートラントのカウントダウンコンサートは夜通し続き、空が白んでくる頃にようやくお開きとなると、人々は熱気覚めやらぬまま海辺へと向かい、アドリア海の水平線から昇ってくるイタリアで最初の初日の出を迎えます。
2014.12.31 alba a otranto

感動の笑顔がおごそかな初日の出に照らされるとき、寒さなど一気に吹き飛んでしまうことでしょう。。

冒頭の写真でもお分かりのとおり、この冬はここ南欧の楽園サレントもヨーロッパ各地の御多分にもれず、厳冬と予想されていたとおり例年に比べて厳しい寒さが訪れています。
我が家の暖炉ももちろん朝から晩まで火を絶やせません^^

それでは皆さま、良い年をお迎えくださいね♪ 来年は/も、ここプーリアの地でお会いできますように…♪
Auguri di buon anno a tutti dal Salento innevato!<3 

2014.12.31 neve e ulivo